Win10にRSC-U485署名なしドライバをインストール

今日のRoboPara(ロボパラ)開発日記では、Win10にRSC-U485署名なしドライバをインストールする方法のご紹介です!

FutabaのサーボRS405CBからデータを拾ってくるのに、シリアル通信しようとRSC-U485を購入、Win10にRSC-U485署名なしドライバをインストールしたいのですが、どうやら付属ドライバーに署名がないようで、Win10の署名確認で弾かれてしまいます。

Win10での署名確認を一時的に無効化して、インストールすると無事成功したのでその時の方法をご紹介します。

①テストモードに移行する

②ドライバーの署名確認を無効化する

③スマートスクリーンの無効化

④ドライバーのインストール

⑤設定を戻す

 

まず、普通にドライバーをインストールしたときの失敗例から。

USBケーブルでRSC-U485を接続して、デバイスマネージャーから確認してみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-34-06

デバイスの存在は認識してますが、ドライバーが見つからないためこのままでは使えません。

続いて、デバイスのプロパティ→ドライバ→ドライバの更新→ドライバーの場所を指定してインストールします(ドライバーはFutabaさんのサイトからダウンロードしてください)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-38-57

ドライバーのインストールに失敗してますね・・・。

いろいろ書いてありますが、ドライバーの署名確認に失敗してるのでしょう。Futabaさんのサイトに、Win8用の対応策が書いてあります。Win10でも同じように署名確認を無効化すればなんとかなりそうですね。

 

Win10に署名なしドライバーをインストールする方法を参考に、ドライバーをインストールし直します。

ステップ1: テストモードに移行する

コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。コマンドプロンプトを右クリックすると「管理者権限で起動」というメニューがあるのでそこから起動しました。

次にコマンドプロンプトに、

bcdedit /set TESTSIGNING ON

と入力します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-56-48

「成功しました」とでればおk。

ここで失敗する場合、セキュアブートを無効にする必要があるらしいです。

『私は失敗しないので』次のステップに進みます。

 

ステップ2: ドライバーの署名の確認を無効化する

Win10の「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」と進むと

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-07-28

ここで「今すぐ再起動する」を選択します。

*再起動しちゃうので、作業中のソフトはデータを保存して閉じちゃってください。

すると、下のような画面に切り替わります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-12-21

ここから、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ設定」と進み、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-16-59

「再起動」ボタンを押して再起動をスタートします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-23-52

選択肢の中に「ドライバー署名の強制を無効にする」というのがあるので、それを選択します。キーボードの「7」か「F7」を押してください。

これでWin10の確認機能を無効化できました。

 

ステップ3: スマートスクリーンの無効化

WIndowsが起動したら「コントロールパネル」→「セキュリティとメンテナンス」→「WIndowsSmartScreen設定」と進み、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-35-15

「WindowsSmartScreenを無効にする」を選択し「OK」を押します。

 

ステップ4: ドライバのインストール

デバイスマネージャーからデバイスを選択し、「プロパティー」→「ドライバー」→「ドライバーの更新」へと進み、ドライバーをインストールします。

今回はFutabaさんのサイトに公開されているWin7用64bit版のドライバを選択しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-44-18

警告メッセージが出ますがかまわずインストールを続けます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-44-39

無事にインストールできました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-18-46-05

デバイスマネージャーにも確認されてます。

 

ステップ5: 設定を戻す

ステップ1と同じように、コマンドプロンプトを管理者権限で開き、以下のコマンドを実行し、テストモードをOFFにします。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

ステップ3と同じようにスマートスクリンの設定画面に行き、スマートスクリーンを有効にします。

*スマートスクリーンを無効にしたままだとWin10のセキュリティーがものすごく弱い状態らしいので、必ず設定を元に戻しましょう!

ついでにWindowsを再起動したら完了です。

 

以上、Win10にRSC-U485ドライバをインストールする方法の紹介でした!

参考サイト

Scroll to top