Arrow
Arrow
Slider

 

人にも動物にも愛されるリアルなロボット

間違っても失敗しても笑って許せてしまうキュートなロボット

私たちにはできないことができるスマートなロボット

そんなロボットを作ってます。

 

リアルなロボットを作る

子犬、イノシシ、カンガルー、クマ、カマキリなどの陸上生物や、
カニ、ロブスター、シャケなどの水中生物。

これまでに製作してきた多種多様な動物ロボット達、

野生動物の調査や撮影に使われたり、
博物館で動く標本として展示されたりと用途も様々ですが、
本物の動物達と並んで仕事をすることも多く、いつも比べられてしまいます。

Arrow
Arrow
Slider

動物ロボットを製作する際には、
いろいろな角度から撮られた本物の写真や映像、骨格標本などを参考に、
関節の位置や筋肉の動きを確認し、ロボットを設計、製作します。

メカが出来上がり、動きをつける作業でも、
本物の行動パターンをロボットでも実現させることで、より本物に近づけます。

そうして作られた動物ロボットだからこそ、
人にも動物にも愛されるリアルなロボットに出来上がるのです。

 

キュートなロボットを作る

身の回りでロボットを目にする機会が増えてきました。
私たちの生活にロボットが欠かせなくなる時代が、すぐそこまできています。

これから人と接する機会がどんどん増えるロボット達ですが、
ロボットも人間と同じで、間違えることもあれば、失敗もすることもあります。
な人がいないのと同じで、完なロボットも作れません。

そんなダメダメなロボットも、
目を合わせれば、笑って許せてしまう。

キュートなロボット、作ります。

Arrow
Arrow
Slider

 

スマートなロボットを作る

以前とは比べ物にならないくらい、性能や機能が進歩したロボット達、
陸、海、空と、活躍の場も様々です。

なぜこんなに短期間で急成長を遂げたのか、
それは彼らに私たちにできないことができるスマートさがあったから。

Arrow
Arrow
Slider

 

実物の300倍の迫力で観客を魅了するカマキリロボット

水深10mを超える海底を何時間も歩き続けるカニロボット

クマに襲われボロボロになりながらも泳ぎ続けるシャケロボット

私たちにできないことができる、スマートなロボットを作ります。

 

 

製作事例

 
Play
Play
Play
Arrow
Arrow
Slider

会社概要

企業情報
社名:    株式会社RoboPara
設立:    2016年11月25日
資本金:   1,000,000円
本社:    岡山県井原市井原町1311
東京オフィス:東京都墨田区緑4-20-3-401
代表取締役: 石田 昌央
サービス
・ロボットの製作
・ロボットを使ったワークショップ・イベントの企画、運営
・インタラクティブシステムの開発と販売
*それぞれ英語での対応も可能です!
事業履歴
2016年3月 子狼ロボットを制作 BBC “Spy in the Wild”に出演
2016年5月 イノシシロボットを制作 BBC “Spy in the Wild”に出演
2016年9月 カマキリロボットを制作 米国オクラホマ科学博物館
2017年6月 カニロボットを制作 ***一般公開待ち***
2017年9月 伊勢海老ロボットを制作 ***一般公開待ち***
2018年1月 カンガルーロボットを制作 BBC ”Spy in the Snow”に出演
2018年3月 ロボットアームを制作 ぷっちょあーん
2018年7月 クマロボットを制作 ***一般公開待ち***
2018年7月 シャケロボットを制作 ***一般公開待ち***
2018年9月 ロボットアームを制作 ぷっちょあーん4D
Scroll to top