ディスプレイを使わずにRaspberry Pi Zero W にRaspbian Liteをインストールする方法

ディスプレイを使わずにRaspberry Pi Zero W にRaspbian Liteをインストールする方法のご紹介です!

新作動物ロボットに組み込もうとRaspberry Pi Zero W をスイッチサイエンスさんから購入したので、早速Raspbian Liteをインストールしたいと思います!!!

 

1.OSイメージをダウンロードする

本家サイトからOSイメージをダウンロードします。

今回はRaspbian Lite(GUIなし)を選びました。ディスプレイに繋げて使う予定がないので、GUIは必要ないですね。

 

2.OSイメージをSDカードに書き込む

OSイメージをSDカードに書き込みます。
EtcherというソフトがWinもMacも対応しているので、使いやすいと思います。
私はMac版を使い、イメージを書き込みました。

Etcherをスタート!

ダウンロードしたイメージファイルを解凍、Etcherにドラッグドロップ、または選択します。

SDカードを選びます。
SDカードはClass10、8G以上32G以下が推奨されています。
手元に32G以下がなかったので64Gを使いましたが、今の所問題なく動いています。

”Flash”をクリック!

書き込みが終わるまで待ちましょう。

書き込みが終わったら、Etcherを終了してください。

 

3.SDカードにSSHとWiFiの設定を書き込む

次に、作成したSDカードの中に、SSHとWiFiの設定を追加します。

SDカードを開いて”ssh”という名前のファイルを作ります。

同様に”wpa_supplicant.conf”というファイルを作り下記のWiFi設定を書き込みます。
Raspberry Pi Zero W は5Gをサポートしてません2.4GのSSIDを使いましょう!

 

4.Raspbianを起動する

ではいよいよRaspbianを起動します!
SDカードを抜いて、Raspi Zero Wに差し込み、マイクロUSBを電源側のUSBポートに差し込むと緑色のLEDがピカピカ、起動しました!

2分ほど待ちましょう…。

ターミナルソフトを開いて

と入力し、質問に”Yes”と答え、パスワードを”raspberry”と入力すれば!
接続完了!!!

でも繋がりますよ。

 

5.パスワードを変更
無事SSHでRaspbian にログインできたら、パスワードを変更しておきます。

新しいパスワードを聞かれるので、次回からのログインで使いたいパスワードを入力してください。

 

6.アップデート
最後に、パッケージのアップデートを行います。

これでアップデート完了。

そしてアップグレードも忘れずに。

そして再起動したら終了です。

 

以上、ディスプレイを使わずにRaspberry Pi Zero W にRaspbian Liteをインストールする方法でした。

 

【補足】

Raspbianを起動後、SDカードに”wpa_supplicant.conf”が見つからない!?

問題ありません、設定はすでに有効化されているので、設定に変更がなければもう一度WiFI設定ファイルを作る必要はないですよ。
sshも同様に、これらの設定ファイルは一度読み込まれると削除されるので、次にSDカードの中身を除いても、ファイルは見つかりません。
設定を見れる形で残しておきたい場合はZIPファイルなどにして残しておくと削除されませんよ。

Scroll to top