VSCodeとPlatformIOでMaixduinoにBlinkを書き込む

現在製作中のロボットの制御ボードにいいかなと思い、Maixduinoを買ったので検証します。

Maixduinoとは?

SiPeedという会社が開発した、K210搭載のAI開発ボードで、
Arduino IDEやMaixpy(MicroPython)を使ってプログラミングできます。

SiPeedのMaixduino販売ページはここです。
https://www.seeedstudio.com/Sipeed-Maixduino-Kit-for-RISC-V-AI-IoT-p-4047.html
私はスイッチサイエンスさんから購入しました。
https://www.switch-science.com/catalog/5707/

SiPeedサイトにMaixduinoの開発マニュアルがあります。
https://maixduino.sipeed.com/en/

 

AI開発ボードといいっても、できることは限られてしまうのですが、
一番の特徴は、価格!

ほかのAI開発ボードに比べ、とっても安いんです!!!

スイッチサイエンスさんから3564円で買えます。
https://www.switch-science.com/catalog/5707/

この価格で、カメラやマイク、タッチパネルがついてて、
ディープラーニング、Machine Visionや音声認識ができる優れもの!

ただ、問題点もちらほら…、

ドキュメントが少ない!?

そして、2020年12月22日の検証では、
ArduinoIDEが使えない!?
もともとVSCode+PlatformIOで試す予定でいたので、問題ないのですが。
推奨開発環境が使えないのはダメですね。

参考までに、

他のBoardManager用URLも試してみましたが、同じ結果でした。
”AppData”内の展開前のダウンロードファイルを削除してやり直してもダメ・・・。

 

1.Maixduinoを認識させる

必要に応じてドライバをインストールしてください。

デバイスマネージャーを開いて、2ポート接続が認識できていればOK。

 

2.VSCodeにPlatformIOをインストール

VSCodeのプラグインの検索窓から、PlatformIO IDEを探し、インストール

インストールが終わったらVSCodeをリロード。

虫マークがPlatformIO IDEのアイコンです。

クリックして、メニューを開きます。

”Miscellaneous”の下の”PlatformIO Core CLI”をクリックして新しいターミナルを開き、

platformio platform install "kendryte210"

コマンドを実行して、PlatformIOをインストール。

 

3.お約束のBlinkテスト

3.1 Blinkサンプルを開く

PlatformIOのメニューから”PIO Home”を選択し

Project Example から”Arduino-Blink”を選ぶ。

プロジェクトのインポートに少し時間がかかるので待つ。

3.2 プラットフォーム設定を変更

platformio.iniを開いてプラットフォームの設定を変更します。

Maixduino以外のプラとフォームを削除し、使用するCOMポートを指定。

; PlatformIO Project Configuration File
;
;   Build options: build flags, source filter
;   Upload options: custom upload port, speed and extra flags
;   Library options: dependencies, extra library storages
;   Advanced options: extra scripting
;
; Please visit documentation for the other options and examples
; https://docs.platformio.org/page/projectconf.html
[env:sipeed-maixduino]
platform = kendryte210
board = sipeed-maixduino
framework = arduino
monitor_speed = 115200
upload_port = COM4
monitor_port = COM4

*”monitor_port”と”upload_port”を指定しておかないと、自動で検出したポートに接続するのだが、
接続先を間違えて、通信に失敗することがある。

*Maixduinoにはポートが2つある。数字の小さいほうを使う。もう一方はESP32用。

3.3 プログラムをビルドしてアップロード

左下のチェックマークボタンでビルドして、矢印ボタンで書き込み。

ターミナルに”Success”と出力されていれば成功です!

IOポートの13番にLEDをつなげて確認しましょう!

Testing Blin example on Maixduino built with platformIO on VSCode

タイトルとURLをコピーしました